パチンコ依存症を脱するための第一歩

パチンコ依存症を脱するための第一歩

 パチンコ依存症の怖いところは、その自覚が本人にあまりないという点です。なぜならば、パチンコ依存症の人にとってパチンコをすることは、もはや日常の一部として組み込まれてしまっているからです。それは、あたかも食事や睡眠と同じような存在にパチンコがなっているということを意味しています。詳しい情報はこちら→パチンコ やめたいについて。

 

 

 ただ、食事や睡眠は人間が生きていくために必要なことですが、パチンコはそうではありません。お金を使って遊ぶ遊戯の1つであり、人生において必要不可欠なことでは決してないのです。しかし、パチンコ依存症になるとその事実に目を背けてしまい、パチンコするためならいくらでもお金を使ってしまいます。パチンコをするためにのお金は働いて稼がなければなりませんが、働くことよりもパチンコが大事に感じられてしまうような錯覚をすることも少なくないです。大事な未来パチンコ やめたい←詳しくはこちら

 

 ですので、パチンコ依存症の人が周りにいたらまずパチンコに関する事実をはっきりと認識させていくことが、パチンコ依存症を脱するための第一歩です。